2020年3月

30(月)

『酒やめますか? 人間やめますか? 文学的酒茶問答』


OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥2,000/当日¥2,500(要1オーダー)
前売券はe+にて1/26(日)12 時〜発売!
『酒やめますか? 人間やめますか? 文学的酒茶問答』
ファミリーマート店頭でもご購入頂けます

【出演】町田康
【ゲスト】奥泉光

『しらふで生きる 大酒飲みの決断』(幻冬舎)が話題の町田康さんが、奥泉光さんをゲストに迎え、酒をめぐるトークライブを開催します。

町田さんは、30年飲み続けた酒を4年前にきっぱりやめ、しらふで生きる毎日。かたや、奥泉さんは、楽しくお酒を飲み続けてらっしゃいます。お二人にとってお酒とはどんな存在なのでしょうか?
飲酒の習慣、断酒の誘惑、お酒と創作、文学のなかのお酒……。お二人の絶妙なトークは、お酒を飲みながらでも、お茶を飲みながらでも魅了されること間違いなしです。特別な一夜に酔いしれてください。

※イベントの最後にサイン会があります。

【プロフィール】
町田康(まちだ・こう)
1962年大阪府生まれ。町田町蔵の名で歌手活動を始め、1981年パンクバンド「INU」の『メシ喰うな』でレコードデビュー。俳優としても活躍する。
1996年、初の小説「くっすん大黒」を発表、同作は翌1997年Bunkamuraドゥマゴ文学賞・野間文芸新人賞を受賞。
以降、2000年「きれぎれ」で芥川賞、2001年詩集『土間の四十八滝』で萩原朔太郎賞、2002年「権現の踊り子」で川端康成文学賞、2005年『告白』で谷崎潤一郎賞、2008年『宿屋めぐり』で野間文芸賞を受賞。

奥泉光(おくいずみ・ひかる)
1956年、山形生まれ。
国際基督教大学大学院修了。小説家・近畿大学教授。
主な小説に『ノヴァーリスの引用』『バナールな現象』『「吾輩は猫である」殺人事件』『プラトン学園』『グランド・ミステリー』『鳥類学者のファンタジア』『浪漫的な行軍の記録』『新・地底旅行』『神器—軍艦「橿原」殺人事件』などがある。
1993年『石の来歴』で第110回芥川賞受賞。
2009年『神器—軍艦「橿原」殺人事件』で第62回野間文芸賞を授賞。
2014年『東京自叙伝』で谷崎潤一郎賞を授賞。

※要1オーダー(500円以上)
※営利目的のチケットの転売は固くお断り致します。転売チケットは入場をお断りする場合もありますのでご注意ください。
※撮影・録音・録画などは禁止とさせていただきます。また、開場時の席取りはご遠慮ください。