2018年11月

21(水)

Le gros son


OPEN 19:00 / START 19:30

ADV ¥2,500 DOOR ¥3,000
※椅子席(全席自由)/ドリンク代別 ¥600
※ご来店順入場となります

チケット予約

19:30~ JAZZ KLAXON
20:30~ MACOGHARI
21:30~ Le gros tube
22:30 終了予定

【出演】
Le gros tube / MACOGHARI / JAZZ KLAXON

Le gros tube

Pao: Voice, Flute, Percussion
Michael Havard: Saxophone
Olivier Proust: Trombone
Jérôme Fouquet: Trumpet
Jean Gros: Guitar, Banjo
Brice Perda: Sousaphone
Théo Glaas : Snare drum
Nicolas Wurtz : Kick drum

« Maître brass-band depuis 2004 », Le Gros Tube ne rate pas une occasion d’enflammer les rues, les scènes, les cafés et les festivals ou il passe, faisant remuer même les plus timides ! Autour d’un chanteur-flûtiste, cette fanfare au groove survolté entraîne le public dans des compositions originales brassant le funk, le jazz, le reggae et l’afrobeat à la sauce acoustique. Avec plus de 1000 concerts à son actif (en France comme à l’étranger : Allemagne, Grande-Bretagne, Maroc, Slovaquie…) et 5 albums autoproduits, le Gros Tube s’affirme comme une fanfare incontournable.

MACOGHARI(マコガーリ)

アベヒトミ(Keyboards/Clarinet)
林 亨(Bass)
岸田佳也(Drums)
松村拓海(Flute)

2002年に始動したインストゥルメンタルバンド。
言葉にならない想像・幻想・熱・旅の思い出などをバンドアンサンブルの形で音に昇華していく活動を続けている。
作風はプログレと表されることが多いが、フュージョン黄金期のきらめきを作品に込めることを大切にしている。
最新音源は、第4作品「プリズムの時代」

*本イベントではホンダユカに代わり、+81、1983、俺はこんなもんじゃない他でのバンド活動、フルートレッスン講師など多方面で活躍中の松村拓海が参加!
他ゲスト演奏者も予定。

JAZZ KLAXON

渡辺智幸(g)
関根恒太朗(as)
河原崎聡(ts)
浅香里恵(key)
腰野振人(bs)
池宮ユンタ(per)
小山田和正(ds)

ギターの渡辺智幸を中心にホーンセクション+オルガントリオ+パーカッションで構成されるジャズファンクバンド。
ジャズ、ラテン、アフリカン、ソウルなど様々なバックグラウンドを持つメンバーが集まり、その音は革新的にして懐かしい。
bam code septetを経て2013年にJazz Klaxonに改名する。
同年ファースト・アルバム"First Klaxon"をリリース。
2016年、キーボードの南部勇木が脱退。千葉岳洋が加入。
メロディアス&ダイナミック。
カラフル&ソウルフル。
ファンキー&グルーヴィー。
様々な言葉とノイズが入り混ざる都会の喧騒にジャズクラクションが鳴り響く。