2019年9月

28(土)

昼の部

『コテコテ・サウンド・マシーン』&「トラベシア」発刊記念・共同自主企画「日本語と相撲と能とコテコテ」


OPEN 11:30 / START 11:30

ADV / DOOR ¥2,000
(高校生以下 ¥1,000)
※椅子席(全席自由)/ ドリンク代別 ¥600
※ご来場順の入場となります。

チケット予約

【出演】
一噌幸弘(笛)
浦風親方(DJ Sikisima)
鈴木並木(「トラベシア」発行人)
原田和典(『コテコテ・サウンド・マシーン』著者)
(50音順)

ジャズ・グルーヴ、ファンク&ソウルの名盤・奇盤を約300タイトル、フル・カラーで紹介する『コテコテ・サウンド・マシーン』(スペースシャワーブックス)と、普通に読める日本語の雑誌「トラベシア」が、発刊を自分たちで記念する催しです。ほかではおそらく見られぬ顔合わせによる、ライヴとDJとトークの3本立て。

ライヴ・ゲストは、安土桃山時代より続く能楽師の血を引く重要無形文化財総合指定保持者、一噌幸弘さん。ジャンルを飛び越え、他に類を見ない和洋融合の音曲世界を創造している方です。デュオで“日本伝来のコテコテ”が表現されるかも。

ゲストDJは浦風親方(DJ Sikisima)さん。「渋谷系力士」の異名をとった元・敷島関です。『コテコテ・サウンド・マシーン』の帯でも「俺はやっぱりこっち側のジャズが好きだなあ!」と発言しておられる親方の、脂っこ~いプレイをお聴き逃しなく。

当日は、この催し限定のちょっとお得なセット・メニューも登場する予定!