ABOUT

テーマは70年代ロック喫茶 / 居酒屋

ロックはただ聴く時代から喋る時代に入った!

1971年、最初のロフトは京王線の千歳烏山駅にある小さな7坪のロック/ジャズ喫茶から始まった。それ以降は演奏ができるライブハウスを次々に出店していったが、あれから45年経った今、久しぶりにライブハウスではなく一杯の酒を飲みながらじっくりロックを聴けて、友人とも共有できる空間が欲しくなった。

これって一人部屋で口ックをヘッドホーンかなんかで聴くということじゃないんだ。その場にいる人たちとロックをやフォークを分かち合っておしゃべりをして酒を飲むことなんだと思う。

ライブハウスでも同じステージを前にしてそこに来ている人達と時間の共有や連帯や友情や恋ができるけど、それが音楽ならCDでもレコードでも体験できると思うのだ。

私だって新譜で聴きたいのはたくさんある。でも一人部屋で聴くのはちょっとさみしいんだ。酒だってもっと美味しく飲みたい。情報だって欲しい。そのレコードの周辺のあれこれのウンチクが聞きたいし喋りたい。

店に中二階の席が20席ほどある。ここは大音量でおしゃべりができない。ロックを全身の体で感じるところから始まる。

昼間はその昔、吉祥寺にあったロック喫茶「赤毛とそばかす」がイメージなんだ。

ロック初心者の私はここで洋楽ロックを教わり、あの伝説のがらんどうでは日本のロックとフォークを教わった。

夜はおでんを食べながらロックが聴ける居酒屋。
もちろんお客さんからのリクエストを中心に構成する。

20時から22時ぐらいまでは音楽通を招いた「特集」と「ナビゲーター(DJ)のロック講座」が入って音楽議論をする。

ロフトの新しいお店「ROCK CAFE LOFT is your room」で、いい音楽といい酒とツマミ、そしていい友達に出会って欲しい。

そんな店を連想してついに動き出したのだ!
オーブンは3月下旬、場所は歌舞伎町旧ミラノ座の横と抜群のロケーションでこの店は出発する。
ご期待を。

(平野悠/ロフト席亭)

 

機材リスト

名称 メーカー 型番 個数
DJ
ターンテーブル Pioneer PLX-1000 2
CDJ CDJ-900NXS 2
DJMixer DJM-900NXS2 1
Mic
スイッチ付きマイク SHURE SM58S 2
ワイヤレスマイク2波 BLX288/SM58 1
Mic Stand
K&M 21020 2
D.I
RADIAL PRO DI 2
Mixer
MACKIE DL1608 Lightning 1
1F SP
KRK V8S4 6
2F SP
ADAM AUDIO S3H 2

*機材の故障等により使用できる機材が異なる場合がございます。
 ご利用の場合は会場までご確認お願いいたします。