2020年8月

23(日)

昼の部

OPEN 12:00 / START 13:00

◎観覧・配信視聴について
観覧チケット:¥1,500(12:00開場 / 13:00開演)+1オーダー¥500以上必須
配信チケット:¥1,500(配信時間 13:00〜予定)

■観覧チケットは当店WEB予約にて(限定40名※キャンセルの際は必ずご連絡ください)
■配信視聴チケットはコチラから(応援投げ銭あり!無理のない範囲でお願い致します!)

※チケット売り上げの一部をNPO法人移住者と連帯するネットワーク(移住連)の活動に寄附致します。
<移住連WEBサイト>
https://migrants.jp/news/voice/20200622.html

※配信チケット購入受付期間:9/6(土)まで
※アーカイブは、配信終了後、9/6(土)23:59まで視聴可能
※配信サービスの仕様上、放送の遅延などが発生する場合がございます。アーカイブは遅延なくご覧いただけますので予めご了承ください。
※配信内容を録画するなどして再配信する行為は禁止させて頂いております。

【出演】
高谷幸
伊藤健一郎
C.H.A.R.

【司会】
Uttchiyy

安くて都合のいい労働力として扱われている人がいる。

期限なく収容され、社会的に殺され、そして命を落とす人がいる。

「なんか怖い」という先入観で遠ざけられ孤独に過ごす人がいる。

迫害により故郷から逃れるも、たどり着いた国では助けてもらえず強制送還される人がいる。

今、日本では様々な境遇にある移民がいます。

本企画では、日本における移民の受け入れの歴史や移民政策、入管での面会で出会った人々の状況や長期収容についてお話します。

すでに一緒に暮らし、ともに社会を支えている存在である移民の今と、これからを考えます。

◎会場プレミアム特典
配信終了後に、移民・難民をテーマをテーマとした「C.H.A.R.の音楽談義」のコーナーがあります。
人数制限がありますのでお早めにご予約ください!
会場にお越しの際には、ロフトプラスワンWESTのコロナ感染予防のガイドラインをご確認下さい。

◎出演者プロフィール
・高谷幸(TAKAYA, Sachi)
大阪大学教員。専門は社会学・移民研究。著書『追放と抵抗のポリティクス――戦後日本の境界と非正規移民』(ナカニシヤ出版)、『移民政策とは何か――日本の現実から考える』(人文書院)など。NPO法人移住者と連帯する全国ネットワーク理事。

・ITOKEN 伊藤健一郎
立命館大講師。歴史修正主義や排外主義イデオロギーの研究。
2013年から嫌韓ヘイトスピーチ勢力へのカウンター活動に路上とツイッターを中心に参加している。
対レイシスト行動集団 C.R.A.C. ( Counter-Racist Action Collective )メンバー。
2019年に結成されたSave Immigrants Osakaのメンバーでもあり、長期収容者や不安定な在留状況の人たちへのサポートをおこなっている。

・C.H.A.R.
朝鮮人。大阪出入国管理局に無期限で強制的に収容されている在留資格の無い外国人の支援や入管への抗議行動を行うSave immigrants Osaka 設立メンバー。対レイシスト行動集団 C.R.A.C. ( Counter-Racist Action Collective )のメンバーでもある。クレズマー(東欧系ユダヤ民謡をルーツに持つ音楽ジャンルのひとつ)などユダヤ音楽や東欧、中東音楽の収集家の顔をもつ。大阪で行われたヘイトスピーチに反対するパレード「仲良くしようぜパレード」ではサウンド部門を担当、イベントでのDJやインターネットラジオなど精力的に活動中。

−感染症拡大防止のために−
※ご来場の方は大阪府の感染防止対策として「大阪コロナ追跡システム」にご協力頂きます。
ご来場の際に
1.Loft PlusOne WestのQRコードを読み取ってもらいます。(店内受付に設置)
2.入力フォームにメールアドレスを入力する。
3.登録確認メールが届く。
4.スタッフが確認後、入場となります。

※当日検温を行います。37.5度以上の熱がある方は会場での観覧はできません。また体調のすぐれない方、5日以内に平熱を超える発熱をされた方、咳・咽頭痛などの症状(軽度なものを含む)がある方、基礎疾患をお持ちの方、過去2週間以内に感染が引き続き拡大している国・地域への訪問歴がある方は来場をお控え下さい。
※ご参加される方はマスク、フェイスガード等の着用をお願いいたします。また、咳をする際には手ではなくティッシュやハンカチ、袖などで口をふさぐ“咳エチケット”もお守りください。
※場内にアルコール消毒液がございます。こまめな手洗いに加え、手指の消毒をお願いいたします。
※定期的に場内の換気を行います。ご了承ください。
※会場で声援を惹起する、来場者同士での接触などの行為はお控え下さい。
※会場周辺で出演者の入り待ち、出待ち等の行為はお控え下さい。
※場内はなるべく客席の間隔を広くとるなどの対応も行いますので、ご協力ください。
※ご来場される際は混雑を避けるために、開演ギリギリでの入場ではなく、余裕を持ってご来場ください。また受付でお並びされる際は前後の間隔をあけての整列となりますのでご協力ください。

詳細を見る→

木村幹著「歴史認識はどう語られてきたか」(千倉書房)刊行記念

『基本条約から55年目の日韓関係を読む』

OPEN 17:00 / START 18:00

◎観覧・配信について

観覧について(17:00開場 / 18:00開演)
前売り予約 ¥2,000 / 当日 ¥2,500
観覧チケットは当WEB予約にて(限定50名)

配信について(配信時間 17:50〜20:00予定)
通常チケット ¥2,000 / 書籍付きチケット ¥5,500
配信チケットはコチラから
(応援投げ銭あり!無理のない範囲でお願い致します!)
※書籍付きチケットの購入期限は8/15(土)23:59まで
※アーカイブは配信終了後、9/6(日)23:59まで視聴可能(その間も視聴チケット購入可能)
※配信サービスの仕様上、放送の遅延などが発生する場合がございます。アーカイブは遅延なくご覧いただけますので予めご了承ください。
※配信内容を録画するなどして再配信する行為は禁止させて頂いております。
◎書籍をお持ちでない方は、書籍付きチケットをご購入頂けるとオトクです!
◎書籍付きチケットの購入時、書籍の発送先などの情報をメッセージでお送りください。

【出演】木村幹(神戸大学大学院国際協力研究科教授)

日本による植民地支配は負の歴史だが、それ以上に結局良好な関係を築けなかった戦後の75年間こそ、私たちが向き合うべき負の歴史だと強調したい――。戦後最悪と言われ、完全にデッドロック状態の日韓関係。それは90年代前半に起こった「不可逆の変質」に由来すると著者は言う。迷路に迷い込んだ両国関係の現在に迫る本書の刊行を記念してイベントを開催します。

詳細を見る→