2020年3月

03(火)

「俯瞰で聴くアジア音楽」


OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥2,000 / 当日¥2,300(共に1オーダー必須<¥500以上)
前売チケットはイープラス&電話予約にて1/25(土)発売&予約開始
イープラス購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/3214060001-P0030001

※ご入場はイープラス→ウェブ予約→店頭電話予約→当日の順となります。
電話→ 06-6211-5592(16時~24時)

チケット予約

「俯瞰で聴くアジア音楽」

【出演】
村上巨樹(ミャンマー音楽研究家)
吉本秀純(音楽ライター)
上林翼(書店員)

【出店】
プランテーション・レコードショップ

ここ数年、日本でもブームになっているアジア音楽。
雑誌やテレビでの特集、亜モノと呼ばれるDJイベント、ドキュメント映画の上映など、その魅力が注目されています。
今一度アジアを俯瞰し、国同士の音楽を弾き比べ、考察や奥深さなど硬軟織り交ぜ語り尽くします。
今回は特にカンボジアとミャンマーの音楽事情を軸に据えます。

※当日はトークに合わせてプランテーション・レコードショップ(plantationwebshop.com)の物販もあり。
この機会に是非、アジア音楽の魅力をたっぷりと堪能してください。

 

<出演者プロフィール>

・村上巨樹(@MurakamiKyoju)

ギタリスト、作曲家、自主レーベル「CADISC」主宰。ギターを使った新たなリズムアプローチを追求している。2007年、ギターとドラムだけのデュオバンドte_riを結成。2011年にヨーロッパツアー、2015年にアメリカツアーを行う。2016年からミャンマーを訪問し、現地の音楽を調査している。その結果を報告するトークイベントを日本各地で開催。ミャンマー音楽の研究家として、都築響一主宰「ROADSIDERS’ weekly」への寄稿、宇川直宏主宰「DOMMUNE」への出演、東京外国語大学での講演を行う。

・吉本秀純(@hidesumix)

1972年生まれ、大阪市在住の音楽ライター。同志社大学在学中から京都の無料タウン誌の音楽ページ編集に関わり、卒業後に京阪神エルマガジン社に入社。同名の月刊情報誌や邦楽ロック誌の編集に携わった後、2002年からフリーランスに。ワールド・ミュージック全般を中心にロック、ジャズなど、ジャンル不問のスタンスで東西の様々な媒体に寄稿し、現在に至る。編著書に『GLOCAL BEATS』(音楽出版社)『アフロ・ポップ・ディスク・ガイド』(シンコーミュージック)がある。

・上林翼

2013年に2ヶ月カンボジア、1ヶ月ラオス、1ヶ月ベトナムに滞在。2015年にLVDB BOOKS(@LVDBBOOKS)を大阪市東住吉区で開業。