2018年11月

11(日)

ことばをうたうバンドあなんじゅぱす「田村隆一を歌う」


OPEN 18:00 / START 19:00

前売・予約 ¥2,200 / 当日 ¥2,500
(共に飲食別・ワンオーダー¥500以上必要。入場順はイープラス前売→予約→当日)
◎前売券はイープラスで10/11(木)12時から発売
◎ご予約はネイキッドロフトwebまたは電話にて
ネイキッドロフトTEL 03-3205-1556(16:30〜24:00)

チケット予約

ことばをうたうバンドあなんじゅぱす「田村隆一を歌う」

【出演】
作曲・歌・キーボード:ひらたよーこ
ドラム・トラック:大光ワタル
トークゲスト:東直子(歌人・作家)

【内容】
詩を歌って、音楽が生まれる。正岡子規の短歌から谷川俊太郎の現代詩まで100年のことばをうたうバンド・あなんじゅぱす(ひらたよーこ+大光ワタル)の新作コンサートは、戦後最大の詩人・田村隆一特集。トークゲストは歌人・作家の東直子。大好評だった前回に続いて、今回の「即興物語」では田村の詩をモチーフに即興で物語を創作して語ります。

【プロフィール】
ひらたよーこ あなんじゅぱす/作曲・歌・ピアノ
東京生まれ。鎌倉市七里ケ浜で作曲家の父・筒井広志のもと作曲に親しんで育つ。'84年から'11年まで劇団青年団に俳優として所属。こまつ座、SPAC他国内外の舞台に多数参加。’96年、演劇と音楽活動の結実点として「あなんじゅぱす」を結成。'08年矢野誠とのデュオユニット「ひらたよーこ+矢野誠」を結成。谷川俊太郎の詩を歌うCD『少年』('11年)『クレーの天使』('14年)をMIDIよりリリース。

大光ワタル あなんじゅぱす/トラック・ドラム
ヤマハのドラム講師を経て’91年「SAKANA」でメジャーデビュー。TMネットワーク木根尚登氏プロデュースアルバムリリース。「SPOOZYS」で全米リリース&ツアー敢行。浅倉大介らと「dreiprojekt」結成。特殊インストバンド「about tess」で上海野外フェス等に出演。共演&サポート:access・小椋佳・SMAP・曽我部恵一・T.M.Revolution・デーモン閣下・矢野誠 etc.

東直子 トークゲスト
歌人、作家。‘96年、第7回歌壇賞、’06年、『いとの森の家』で第31回坪田譲治文学賞受賞。歌集『十階』、小説『とりつくしま』『薬屋のタバサ』『晴れ女の耳』、エッセイ集『七つ空、二つ水』、評論集『短歌の不思議』、共著に『短歌タイムカプセル』等、著書多数。新刊は『そらのかんちゃん、ちていのコロちゃん』(絵・及川賢治/福音館)。

田村隆一 (1923〜1998)
東京生まれ。第二次大戦前のモダニズムを継承しつつ、戦後は雑誌「荒地」を代表する硬派の詩人に。'56年に処女詩集『四千の日と夜』刊行。晩年は作風に軽妙さが加わった。戦後最大の詩人の一人。ダンディーで酒飲み、レインコートが良く似合う詩人だった。

【あなんじゅぱす】
ひらたよーこが主宰する、正岡子規の短歌から谷川俊太郎の現代詩まで100年のことばをうたうバンド。名前の由来は、フランソワ・トリュフォー監督の映画「突然炎のごとく」の台詞「天使が通る〜Un ange passe」。’96年の結成以来、詩と旋律の必然性を問い続け、正岡子規、萩原朔太郎、西脇順三郎、永瀬清子、寺山修司、田村隆一、石原吉郎、谷川俊太郎、入沢康夫、藤井貞和、田中庸介、東直子等の詩や短歌を歌う。海外ではローマ、パリでも公演。代表作は、写真家・田中流の幻灯写真と歌で綴る『夜の江ノ電』(構成演出・前田司郎)、井伏鱒二の童話をモチーフにした『ドリトル先生月から帰る』他。unangepasse.c.ooco.jp