2020年1月

20(月)

【上映日程】1/20(月)~24(金)まで。
*いずれも14:00上映開始予定(13:50受付開始)
*入場料¥500(+Cafe9にてご注文お願いします)
予約フォームこちら

LOFT9 Shibuyaが平日昼間の時間帯にお送りしている「CINEMA9」!
“インディーズ映画”の最前線が気軽に楽しめる場として、入場料金何と“ワンコイン=500円”にて、短編や中編を軸としたジャンルを問わない作品を週替わりで上映する「インディーズ・シアター“ワンコイン”」も、スタートから1周年を迎え、この度「第4弾」を開催する運びとなりました。
今回は、俳優として活躍しながら監督にも挑む、“俳優監督”の作品の特集となります。
中神円、加藤紗希、村田唯、髙橋雄祐…新進気鋭の俳優監督4人の作品を、是非昼下りの渋谷でご覧になってください!!

 

『泥濘む』(25分/2018)

監督:加藤紗希
脚本:豊島晴香 撮影:河本洋介 録音・整音:田中大地

出演:豊島晴香 神田朱未 髙羽快 加藤紗希 釜口恵太 湯川紋子 加藤ゆに

※「第41回ぴあフィルムフェスティバル」入選

ストーリー
海外勤務のミカが久しぶりに日本へ帰ってくると、妹・アキと二人で暮らしていたはずの家に見知らぬ男女が住みついていた。
聞くとお人好しのアキが公園で寝ていたところを拾ってきたのだという。
部屋にゴミをため込み、一日中ダラダラと過ごす二人を許せないミカは早く追い出すようにとアキを責めるが、なかなか言い出せないアキはどんどん二人のペースに巻き込まれていって…。

©︎点と


監督:加藤紗希(かとう さき)
振付師・俳優。愛知県出身。
ダンサー・俳優として舞台や映画への出演のほか、演劇やアイドルへの振付など、幅広く活動を行う。
また、創作ユニット[点と]において、映像作品の製作も行なっている。
最近では、映画『ReLIFE』振付・出演、AKB48「11月のアンクレット」MV振付、TBSドラマ「わたし、定時で帰ります。」振付・出演など。
初監督作品『泥濘む』が「第41回ぴあフィルムフェスティバル」入選。

加藤紗希公式ウェブサイト http://www.sakicato.com

 

『島』(5分/2018年)
監督・撮影・構成・編集:点と(加藤紗希 豊島晴香)
出演:加藤紗希 豊島晴香

ストーリー
四方を海に囲まれた孤島。訪れた女は緑深い景色に魅せられるが、ある瞬間自分が島の女につけられていることに気づく……

©点と

監督:点と(てんと)
振付師・俳優の加藤紗希と俳優の豊島晴香による創作ユニット。場所や人とのつながりを起点に、そこでしか、その人としかできない唯一無二の作品を生み出すことを目指す。企画・製作した短編映画『泥濘む』が2019年度ぴあフィルムフェスティバルにて入選。その他、MV製作や地域の魅力を発信するWEBドラマの演出・脚本協力など、映像を中心に活動している。

※連日『泥濘む』『島』の上映に加えて、加藤紗希出演作を日替わりで上映します。

20(月) 『泥濘む』『島』『世界』
21(火) 『泥濘む』『島』+創作ユニット「点と」関連映像など
22(水) 『泥濘む』『島』『LOVE WATER FIRE』
23(木) 『泥濘む』『島』『転回』
24(金) 『泥濘む』『島』『8150』

 

 

『世界』(19分/2019年)
監督:矢野恭加
出演:加藤紗希 奥田智美 石原久永 三村一馬 神田朱未

ストーリー
お盆の季節。亡き母と同じ病を患う主人公のたまきが実家へ帰省する。自分の生きる世界に思い悩むたまきへ、父は一通の古い手紙を差し出す……。

©yasukayano2019

監督:矢野恭加(やの やすか)
埼玉県出身。高校時代にジャズギターを始め音楽の素養を身につける。その後フランスへ語学留学。帰国後、東京の映画美学校に入学。映画監督として活動を開始。修了制作の監督作品『世界』がセレクション上映に選出される。2019年、同校フィクションコース第22期初等科を修了。

 

 

『LOVE WATER FIRE』(20分/2020年)
監督:碧嵐澄士
出演:加藤紗希 石山優太 稲生遼 大西諒

ストーリー
歌を失ったミュージカル女優は海街で自身の源と邂逅する。

監督:碧嵐澄士(あらん すみし)
映画美学校フィクションコース初等科修了生。

 

 

『転回』(15分/2019年)
監督:岩﨑敢志
出演:加藤紗希 岩﨑敢志 アライジン

ストーリー
異なる指針を持つアーティストカップルの元にその界隈の権力者が現れて……。二人の関係が変わっていくある雨の晩の話。

監督:岩﨑敢志(いわさき かんし)
1996年生まれ。立教大学社会学部卒業、映画美学校22期フィクション・コース初等科修了。現在、同高等科在籍中。

 

 

『8150』(20分/2019年)
監督:松本大志
出演:鈴木幸重 加藤紗希 岩﨑敢志

ストーリー
終電を逃した勇太郎は友人の啓介の部屋へ向かう。合鍵を使って部屋に入った勇太郎がくつろいでいると、啓介の恋人の歩美が帰ってくる。映画美学校フィクション・コースの受講生と共に作られた実習作品。

監督:松本大志(まつもと だいし)
1985年生まれ。成城大学卒業。映画美学校フィクション・コース修了。2013年、短編『NEVER TO PART』が第1回LOAD SHOWコンペティションに入選。2014年、第11回CO2(シネアスト・オーガニゼーション大阪)の助成監督に選ばれ長編『誰もわかってくれない』を監督、第10回大阪アジアン映画祭にて上映。

監督及び出演者による舞台挨拶+お茶会を開催予定です。
※都合により変更になることがありますのでご了承ください。

20(月) 加藤紗希監督、豊島晴香さん、矢野恭加監督(『世界』)
21(火) 加藤紗希監督、豊島晴香さん
22(水) 加藤紗希監督、豊島晴香さん、碧嵐澄士監督(『LOVE WATER FIRE』)
23(木) 加藤紗希監督、豊島晴香さん、岩﨑敢志監督(『転回』)
24(金) 加藤紗希監督、豊島晴香さん、松本大志監督(『8150』)

詳細を見る→

OPEN 18:00 / START 19:00

前売¥3,000 / 当日¥3,500(共に別途1Drink代¥600必要)
「渋谷LOFT9アイドル倶楽部 vol.12」
※販売はイープラスにて1/11(土)12:00より発売!

【ゲスト】
佐竹のん乃(=LOVE)、涼掛凛(Jewel☆Neige)、MIYU(CHERRSEE)、蛭田愛梨(虹のコンキスタドール)、TOWAKO(PiXMiX)、間島和奏(ラストアイドル)

【MC】
吉田尚記

アイドルに負担をかけない、ゆるっとしたトーク番組をコンセプトに2013年にニコニコ生放送で放送を開始した「ぽにきゃん!アイドル倶楽部」は、その後約5年の長い間放送が続き、番組が終了した今でも番組再開を熱望するファンの声が後を絶ちません…そして、番組終了から1年後「ぽにきゃん!アイドル倶楽部」の精神を引き継ぐトークイベントがついに開催!

それが「渋谷LOFT9アイドル倶楽部」なのです。

【注意事項】
・会場での入り待ち、出待ち行為は禁止です。
・入場列は17:45よりスタッフが整列致します。それより前に会場付近にたまらないようお願い致します。
・整理番号順のご入場、全席自由席となります。お荷物などによる席取り行為は禁止です。
・イベント時は、スタッフからの指示にご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
・撮影・録音・録画などは禁止とさせていただきます。
・事前に飲酒されてからのご入場はお断り致します。
・ノンアルコールイベントとなります。アルコールの販売はございませんので予めご了承ください。
・イベントの安全な運営の為、イベントへのご参加にふさわしくないと主催者側が判断した場合、特定のお客様にご参加をお断りする場合がございます。
※営利目的のチケットの転売は固くお断り致します。転売チケットは入場をお断りする場合もありますのでご注意ください。

<特典会実施>
涼掛凛(Jewel☆Neige)
MIYU(CHERRSEE)
TOWAKO(PiXMiX)
最新情報は渋谷LOFT9アイドル倶楽部Twitterオフィシャルアカウントをご覧ください。

詳細を見る→