2018年4月

27(金)

ニューオーダーからハバナイまで。

カンパニー松尾と巡るペラペラロック講座


OPEN 19:00 / START 19:30

テーブルチャージ¥400(+要ワンオーダー)

チケット予約

【ナビゲーター】カンパニー松尾(AV監督)

1965年、愛知県名古屋市に生まれ、お隣のベッドタウン春日井市で育ち、成績はオール3、走るのが苦手。
父はサラリーマン、母は用務員さん、ギターも弾けず、女子にもてず、熱くもならず、クールにもなりきれず、ドリフからひょうきん族、MANZAIブームを経て、家ではおとなしく、学校ではふざけてるだけ。
そんな平々凡々な生活の中、10歳の時、始めてフィンガー5のEPを買い、12歳の時、オフコースが好きになり、13歳でビリージョエル、14歳でジャム、ポリス、クラッシュなどなど。
15歳で貸しレコード屋に通い始め、邦楽は、佐野元春から大滝詠一、松田聖子から松本隆など、ヒット曲から日本語ロックへ回帰し、大滝詠一を心の師と仰ぎ、ナイアガラの滝に打たれ修行。
洋楽は、ビートルズやストーンズ、クイーンやその他もろもろのビックアーティストを学習することなく、ハードロックもパンクロックもヘビーメタルもハードコアもなんだか型があって好きになれず、結局、ニューウェイブから20歳でニューオーダー(特にベースのピーターフック)命となる。
以降、22歳でAV監督になり、渋谷系、グランジなどを通過して、30歳で豊田道倫と出会い、51歳にしてハバナイにハマり、現在52歳。
愛読した音楽誌は、ロッキンオン系のみ。
そんなペラペラな人生を送って来たカンパニー松尾が、浅くていい加減な知識とつたない記憶を辿ってマイロックヒストリーを思い出したり思い出せなかったりするロック講座を開催。
まあ、ときたま夜中に、仕事するはずが、息抜きでYoutube見始めたらアレもコレも気になって、結局ひとりパソコンの前でいにしえのMV見て熱唱して仕事終わんないというアレです。
若い人にはさっぱりわかんないかと思いますが、おじさんの戯言だと思って我慢してください。
当日はレコードもCDもかけません。すべてYoutubeでやります。
公開ラジオ番組風にやろうと思いますが、実際どうなるかわかりません。
リクエストにはお応えしません。勝手にやります。
それでもよければ全力でペラペラな一夜にしますので、ご参加ください。
よろしくです。