2018年6月

30(土)

昼の部

OPEN 12:00 / START 12:30

前売¥2,000/当日¥2,500(要1オーダー)
※前売券はe+にて6/16(土)10時〜発売!
「やや日刊 カルト新聞社主催 これでいいのか!オウム問題」
ファミリーマート店頭でもご購入頂けます

【出演】
滝本太郎(弁護士)/初期からオウム問題に取り組み、3度にわたってオウムに殺されかける。脱会者団体「カナリヤの会」主催。日本脱カルト協会理事。現在、麻原三女・アーチャリー(松本麗華氏)から民事訴訟を起こされている被告。
藤田庄市(ジャーナリスト)/サリン事件前の麻原へのインタビューほか、オウムやオウム裁判を取材。カルト問題全般も積極的に取材し、著書に『宗教事件の内側』(岩波書店)、『カルト宗教事件の深層』(春秋社)、『オウム真理教事件』(朝日新聞社、1995年5月)など。
青沼陽一郎(ジャーナリスト)/オウム裁判を取材し、アニメドキュメンタリー『虚像の神様』の取材、構成、演出、原画、ナレーション、「麻原彰晃」の声優を兼任。著書に『オウム裁判傍笑記』(小学館)など。現在、麻原三女・アーチャリーから民事訴訟を起こされている被告。
藤倉善郎(やや日刊カルト新聞社容疑者兼総裁)/カルト問題を取材するフリーライター。ひかりの輪の被害者団体「インコの会」事務局長。著書に『「カルト宗教」取材したらこうだった』(宝島社)。幸福の科学から刑事告訴され書類送検された容疑者。
鈴木エイト(同主筆)/カルト問題を取材するジャーナリスト。統一教会問題や「カルト2世」問題の取材に力を入れ、週刊朝日やAERAなどで執筆。

オウム真理教・麻原彰晃含む13人の死刑執行が近いと言われる中、麻原の三女は麻原の死刑執行に反対し文化人・著名人がそれに群がる。一方、残党集団の観察処分外しを目指す上祐史浩氏(ひかりの輪)は逆に麻原含む全員の死刑執行を主張する。教団関係者とシンパのポジショントークが氾濫する中で、本来考えるべき「オウム問題」が置き去りにされている。
裁判でかなりのことが究明されているのに、なぜ三女やシンパたちは「真相がわかってない」と言うのか。本当に麻原裁判は「不当に」終結したのか。真相を究明するなら麻原より12人の弟子たちの死刑回避こそ必要ではないのか。13人全員の死刑が執行されると、上祐にはどんな得があるのか。
実はけっこういろいろわかっているオウム事件の真相をもとに、アーチャリーや上祐の真の目的を暴く! 長年オウムを見続けてきた弁護士とジャーナリストが、いまこそ語るべき「オウム問題」を徹底討論。

※要1オーダー(500円以上)
※営利目的のチケットの転売は固くお断り致します。転売チケットは入場をお断りする場合もありますのでご注意ください。
※撮影・録音・録画などは禁止とさせていただきます。また、開場時の席取りはご遠慮ください。

詳細を見る→

OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥1800/当日¥2100(共に飲食別)※要1オーダー500円以上
※前売り券はローソンチケットにて6/9より発売!!【Lコード:34366】
※販売URL→こちら

【出演】
バッファロー吾郎A
鬼ヶ島アイアム野田
や団本間キッド
せきしろ
福田真之(作家)
西垣匡基(作家)

詳細を見る→

深夜の部

【住んではいけない土地 vol.32 】

-オールナイト 東京&神奈川忌み地巡礼編-

OPEN 24:00 / START 24:30

前売¥2000 / 当日¥2500(飲食別)※要1オーダー500円以上
※前売はイープラスにて5/ 3(木)〜発売開始

【住んではいけない土地 vol.32 】

※入場順は先行予約→イープラス→当日となります。
※先行予約の受付は終了しています。

今回は東京のほか、初の神奈川編を検証!

【主催】クロ戌(霊能者)

【実行委員会】翠昊(古儀真言宗大阿闍梨)、成海(六行風水師)、
堀口翠正(電磁波測定士)、ほか。

【スペシャルゲスト】
紺野ひかる(セクシー女優)

テレビやネットでは絶対に公開できない・・・
社会が抹消しようとしている負の歴史。
ケガレチと呼ばれる「住んではいけない土地」が
日本中に存在しています。
風水・磁場・家相・霊道・龍道・伝承・事故物件など
様々な「根拠」を網羅、それをもとに日本中に
点在する黒歴史を暴く大人気トークライブです。

イベント終了後には日本伝統文化であり
古神道に口頭伝承で受け継がれてきた
日本最古の癒し歌「あわのうた」にて
ご来場の皆様と会場を浄化します。

※初めてご観覧される方は途中入場を
ご遠慮頂いておりますので御了承ください。
※撮影や録音は禁止させて頂いてます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
【住んではいけない土地とは・・】
この世界には「忌み場」と呼ばれる
人の住んではならない場所が存在する・・

何故その土地は住めなくなったのだろうか?

人は心地よい場所を探し求め、そこに住み始める。
心地よい場所には人が集まり、そこが村になり、町となり、都市となる。
今からたっ た400百年ほど前(江戸時代以前)の日本には、
人が近寄りたがらない・・この世とあの世の境目のような場所が
そこかしこに、数多く存在していた。

忌むべき場所とは一体どういうものだろう?
まずは活断層や龍脈など・・地中を流れる磁場が歪んだ場所。
または風水などでいう鬼門にあたる場所など・・
先祖代々、「あそこに行くと祟りがあるぞ・・」などと言い伝えられた
場所には無縁仏の眠る墓や数千年前の古墳塚があったかもしれない。
遠い歴史に古戦場で屍が累々とした荒地だったかもしれない。
古くは霊山と呼ばれて畏れられた山や・・人柱が埋められた池や湖、
じめじめとした湿地帯、底なし沼などがあった場所かもしれない 。

そういう場所を人は本能的に避けるものだが、利便性を追い求め、
増殖の一途を辿った人間たちはそういう場所さえも埋め立て、
削り取り、そこに住居やビルを建てていった。

もしかしたらあなたも・・そんな住んではいけない土地に
住んでいるかもしれない。

※このイベントは都条例により18歳未満の方の入場はできません。御来場者は当日入場の際に年齢の確認できる身分証(免許証、学生証、社員証、パスポートなど公共機関が発行する証明書)の提示が全員必要となります。未成年者へのアルコールの販売も固くお断りします。

詳細を見る→