2017年7月

16(日)

昼の部

ドクトル・ルチャのビバ・ラ・ルチャvol.33『さらば、リングの目激者たち ~我らが黄金時代のレクイエム~』


OPEN 12:30 / START 13:00

予約¥3000 / 当日¥3500(共に飲食代別)
※前売予約はネイキッドロフト店頭電話&ウェブ予約にて受付中!!
電話 →03-3205-1556(16:30~24:00)
※ご入場は予約→当日、のそれぞれ当日の先着順になります。

チケット予約

今回のゲストは“過激な仕掛人”新間寿氏の登場です。
実は新間さんには昨年1月にオファーして決定までしていましたが、直前に急用が入ってキャンセルとなり、
代打で息子の新間ジュニア(寿恒さん)に来ていただいた経緯がありました。
ということで、新間シニアは1年半ぶり、満を持して登場願うことになりました。

かつて新日本プロレスの営業本部長として、アントニオ猪木のマネージャーとして、数多くのビッグイベントを手掛け来た新間氏は、いろんな場所で講演されたり、トークイベントで登場する機会が多い方です。
そこで今回は「新間図書館」の今までとは違う棚を開けてみたいと思います。

題して『さらば、リングの目激者たち ~我らが黄金時代のレクイエム~』。

1983年に新間氏が“ミスター東スポ”櫻井康雄氏、“ミスターゴング”竹内宏介氏と共著で出版した『リングの目激者』。
あの名著を共に書いた新間氏の戦友たちは天国に旅立ってしまいました。
その櫻井、竹内両氏を偲んで、2人と一緒に仕掛けた様々な舞台裏・秘話を聞く。
さらにWWWFのビンス・マクマホン・シニア代表、UWAのフランシスコ・フローレス代表など、
新間氏をサポートした今は亡き世界的プロモーターの親友たちとの思い出を語ってもらうことにしよう。

【ゲスト】“過激な仕掛人”新間寿
【出演】“ドクトル・ルチャ”清水 勉