2017年12月

12(火)

「中川淳一郎と山本一郎のオフ会 ~2017年ネットニュースMVP決定祭~ THE FINAL」


OPEN 18:30 / START 19:30

前売¥1,800 / 当日¥2,000(共に飲食代別)
前売はe+にて11/3(金)12:00発売!

※当日券は19:15より若干数販売します。販売開始時間より前に列が出来た場合は整理券を配布し、予定数を超えた時点で締め切りとなります。当日券の方はステージの見えづらいお席か、BARホールでのご観覧となります。予めご了承ください。

【出演】中川淳一郎、山本一郎

2010年から毎年続けてきた「ネットニュースMVP」。2013年~2014年あたりは年4回やるというとんでもないペースだったりもしましたが、2017年12月12日の回をもって最終回となります。前身となる津田大介氏と一緒に中川がやっていた頃からも含め、この7年間、来場してくださった皆さんには心より御礼申し上げます。Hagex氏、漆原直行氏、ヨッピー氏、竹田圭吾氏など様々なゲストも招いて行いましたが、山本・中川両名ともそろそろいい年したオッサンで、いつまでも炎上案件にゲラゲラ笑っては酔っ払っている年齢でもない、といった思いを最近抱いております。

これまで長年にわたり、ネットの珍ネタ収集家としての活動をしていましたが、そろそろ社会にもっと役立つ活動をすべきでは、といった思いも(少しぐらいは)持つに至り、今回が最後となります。当然、珠玉のエピソードを現在も収集中ですし、これまでの回の“人気作品”もいま一度振り返ってみる予定です。

2011年、山本さんは「切込隊長」としての活動を引退しました。その時のことについて、ブログではこう書いています。

〈やはり30代も終盤になり、結婚もし、子供もできて、家庭が幸せになればなるほど、また、投資事業だけではなく人を雇って組織を率い、多くの取引先に恵まれてそれ相応の体系たった仕事が増えてくると、いろいろ紹介されるにあたって誰かから「切込隊長で有名な」とか枕詞がついて、それはそれでしんどい気分になってくるわけです。
だからずっと、人としての着地をするにあたって、このウェブ上での人格や名前と、現実のギャップをどのように埋めて解決していくのが望ましいかをずっと思案していました。また、どうしても海外に出る機会が増え、ウェブ社会と現実社会の融合が戻れないぐらいに進んだいま、ハンドルネームだけが一人歩きする状態というのはよくないよね、と強く思うようになった次第。〉
https://lineblog.me/yamamotoichiro/archives/2998553.html

あれから6年、この時の「脱やんちゃ」と若干似たような感覚をお互い抱いたんじゃないかな、と思っております。

また、中川の個人的な感覚もあるのですが、これまで散々良い思いをさせていただいた阿佐ヶ谷ロフトAという貴重な空間を、これから栄えある人生ある若者に譲りたいな、という気持ちもあります。さらに、私自身、正直イベントという活動が苦しくなってきたというのもあります。本当にお客さんは入るのだろうか……、お客さんは満足してくれたのだろうか……、こういった胃が痛くなるような思い(単にお前、飲みすぎなだけだろ、ボケ!)が企画段階から開始直前までありました。これまでに述べてきたような事情から山本さんとはこういった合意になり、会場ともうそういった話をしました。だったら、自分は「編集者」という日々の本業を必死に頑張り、あまり人前に立つことはやめるべきでは、という考えにも至っております。

何はともあれ、年末の恒例行事として長きにわたってご愛顧いただけたことを本当に感謝します&今年も笑いの絶えない、時には深刻な問題について考えさせられるようなイシュー、そしてほろりとするようなエピソードを用意して皆さんにお披露目しますね。それではどうぞよろしくお願いいたします。皆さんにお会いできることを山本・中川、心より楽しみにしております。