2014年2月

15(土)

深夜の部

第三回 東京電撃映画祭

ゾンビ特集「Rain For The Dead 雨あがりの君」


OPEN 24:00 / START 24:30

前売¥2,500 / 当日¥3,000(共に飲食代別)
前売はローソンチケットおよび阿佐ヶ谷ロフトWEB予約にて1/23(木)発売!
・ローソンチケットLコード:31839
阿佐ヶ谷ロフトWEB予約ページ
ご入場は、ローソンチケットの方→WEB予約の方→当日券の方、の順番となります。

※このイベントは都条例により18歳未満の方の入場はできません。
御来場者は当日入場の際に年齢の確認できる身分証(免許証、学生証、社員証、パスポートなど公共機関が発行する証明書)の提示が全員必要となります。未成年者へのアルコールの販売も固くお断りします。

【上映作品】
「Rain For The Dead 雨あがりの君」

原作・製作総指揮:氏賀Y太
監督・脚本:ビショップ小山
コンセプトデザイン:ゼライ直井
キャスト/
足立昌弥・小野まりえ・近松仁

「ヘルドライバー」スピンオフ短編作品
「脱出! 〜Bailout〜」監督:高橋ヨシキ 15分
「HellDriver ドカタ」 監督:塩崎遵 10分
「キャッチミーイフユーキャン!」監督:太田博 15分

「メイキング〜『レイプゾンビ完結編4&5新たなる絶望』」
撮影/編集:黒木歩

【登壇ゲスト】
氏賀Y太 西村喜廣 友松直之
ゼライ直井 黒木歩 他

【サンダーボルトガールズ(場内半裸給仕)】
黒木歩 菅野いちは 他

世に知られることなく消えてゆく大量のグズ映像ゴミ映像、その中でもVシネマやピンク映画などエログロナンセンスに特化された愛すべきボンクラ映画に価値を見出だし、発掘しては半裸姉ちゃんに給仕させて酒を飲みつつ、女優やら関係者やらに喋らせて、わいわいがやがやうはうは徹夜で鑑賞しようという素敵イベント東京電撃映画祭の第三回。今回はゾンビ特集である。期待のラインナップ、まず一本めは「Rain For The Dead 雨あがりの君」だ。レイプゾンビ2&3で首をちぎられながらレイプを続けようとするゾンビを熱演してくださったエログロ漫画の第一人者、氏賀Y太さんが原作者みずから製作総指揮を務めた、ゾンビ化した愛妻を飼育する男の愛の物語。ビショップ小山が監督を務め、コンセプトデザインをゼライ直井、編集を田代尚也が担当した、この本気で泣ける仕上がりと噂の本作は、今回の上映が正真正銘ワールドプレミアであり、まだ誰も観たことがないというから、見逃す訳にはいくまい。続いて卓越したセンスの残酷描写で日本のみならず海外での評価も高い、西村喜廣監督の「ヘルドライバー」のDVD特典映像として製作されたスピンオフ短編「脱出! 〜Bailout〜」「HellDriver ドカタ」「キャッチミーイフユーキャン!」をかける。劇場やレンタルで本編を観ながらも、これは観ていないという人もいるのではないか。この機会に是非堪能するがよかろう。さてゾンビと言えば不肖俺友松も昨年十一月にご存知「レイプゾンビ」の完結編4&5を撮影した。皆様のエキストラ協力にこの場を借りて謝意を表しつつ、現在鋭意仕上げ作業中の本作の予告編と、DVD特典用に宮村恋改め黒木歩が撮影&編集したメイキングを上映する。上映中と上映合間のトークゲストには、「雨上がりの君」から氏賀Y太、ゼライ直井のお二方、「ヘルドライバー」から西村喜廣監督をお迎えする。まだまだ続きそうな様子の世界的ゾンビブームであるが、なぜ今ゾンビなのかについて熱い議論を交わしたりはたぶんしないけど、まあ見に来いや。
(敬称略)(文責友松直之)

lofta140215dengeki3