2018年8月

07(火)

MOTION LOUNGE N vol.4


OPEN 18:30 / START 19:00(END 22:30予定)

前売・当日¥1,000(ドリンク代別)
学割(¥500)あり。当日受付にて学生証をご提示ください。
前売券はpeatixにて発売中

【ゲスト】小島淳二、関根光才、山本加奈(敬称略)
【MC】ナガコ! a.k.a 林永子(はやし・ながこ)スナック永子

ナガコ!@snacknagakoこと映像ライター林永子https://note.mu/snacknagakoが、映像作家をお招きして、その作品の背景や魅力に迫るスクリーニング&トークサロン【MOTION LOUNGE N】。

第4回目のゲストはなんと豪華に3名さま! まずは、7月28日より初映画監督作品『形のない骨』http://katachi-nai-movie.com/がユーロスペースにて公開される小島淳二監督(teevee graphics http://www.teeveeg.com/! そして、今秋2本の映画公開(岡本太郎氏のドキュメンタリー映画『太陽の塔』http://taiyo-no-to-movie.jp/と、本谷有希子氏原作の映画『生きてるだけで、愛。』http://ikiai.jp/を控えた関根光才監督! 最後は、映像のwebメディア『NEWREEL』https://newreel.jp/にて伊藤ガビン氏とともに編集長を務められております山本加奈さん!

今回はこの3名さまをお迎えいたします。小島監督と関根監督には、映画の内容やプロセスのお話はもちろんのこと、お2人が普段手がけていらっしゃる広告映像との違いや、お互いの作品や作風の感想などを伺います。加奈さんには、最近オススメの作品や作家をご紹介いただきつつ、お2人の監督とのトークにも加わっていただき、4人でワイワイとクロストークしてまいります!

MLNは、ご来場いただいたみなさまと、映像作品や作家の魅力を共有するフレンドリーなサロンです。ゲストのみなさまのご関係各位も、仕事仲間も、お友達も、ファンの方々も、映像好きな方も、そうでない方も、通りすがりの学生さんも、どなたさまもお気軽に遊びにいらしてください! 学割もあります! LOFT9 Shibuyaでお待ち申し上げております!

小島淳二 Junji Kojima
映像作家/CMディレクター。1995年 teevee graphics 設立 。広告、music video中心にグラフィカルでグラマラスな映像表現を得意とする。 ラーメンズ 小林賢太郎との映像制作ユニット「namikibashi」としても作品を多数制作。レスフェストオーディエンスアワードなど、受賞作、多数。http://www.teeveeg.com/

関根光才 Kosai Sekine
映像作家。2006年に短編映画がカンヌ国際広告祭で新人監督賞グランプリを受賞したのをきっかけに、数多くのCM、MV等を演出。カンヌ国際広告祭チタニウム・グランプリはじめ多数のアワードを受賞し、国際的にも活動を続けている。2018年秋には初長編劇場映画『生きてるだけで、愛。』と長編ドキュメンタリー映画『太陽の塔』が公開。

山本加奈 KANA YAMAMOTO
世界最大級のデジタル・フィルム・フェスティバルRESFESTのディレクターを経て映像業界のバイブル的ウェブマガジンwhite-screen.jpの立ち上げ、編集長を務める。2017年11月より映像表現カルチャーを紹介するNEWREELを創設。伊藤ガビン氏とともに編集長を務める。他、海外のクリイティブイベントのプロデュースやインタビューを通して才能の発掘や、業界の意識改革に貢献する。これまで行ったインタビューは500人を優に超える。 2018年はカイル・クーパーらが登壇する Motion Plus Design(パリ)のTokyo meet up総合司会や、Star WarsのコンセプトアーティストDoug Chiangを迎えたTHU(ポルトガル)の東京ギャザリングをプロデュース。NEWREEL  https://newreel.jp/