2017年7月

17(月)

昼の部

Ran Oishi presents

リアル・ガーリーカルチャーイベント「むいふぁあ vol.0」


OPEN 12:00 / START 13:00

前売り ¥2,000 / 当日 ¥2,500(1オーダー必須(¥500以上))
※前売はイープラスにて6/3 より発売!

■購入ページURL(パソコン/スマートフォン/携帯共通)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002227486P0030001

【出演者】大石蘭 (Twitter /Instagram/Web )
【MCアシスタント】櫻ルナ(Instagram)/ 丸山莉南(Instagram)

【ゲスト】
ハナエ (Instagram/Twitter)
MIYA NISHIYAMA (Instagram/Web)

失われつつある”雑誌のときめき”を、3次元で再現するイベント。
さまざまなジャンルの刺激的なゲストとのトークセッション、グッズ販売やコラボメニューetc…
リアルな「かわいい」、未来の「かわいい」を探ります!
==============
◎オープニング

◆第1部トーク
ゲスト: MIYA NISHIYAMA
*コレクション即売会予定
◆第2部トーク
ゲスト:ハナエ
「音楽の処方箋(仮)」
◎クロージング・物販

__________________________
各出演者、物販の詳細後日。

*「むいふぁあ」公式Instagram )
==============

~開花宣言 大石蘭~
自分のスタイルを大事に生きたい女の子たちにとって、
居場所のひとつとなるのが「雑誌」というメディアでしょう。
ここ数年、『CUTiE』『FRUiTS』『KERA』など、原宿を中心とする女の子のストリートファッションや「かわいい」カルチャーを発信してきた雑誌が、次々と廃刊・休刊しました。
そのような「青文字系雑誌」は、SNS時代に適応する形に姿を変えていきます。
でも、そんな雑誌に共感し、憧れて、ティーンの時期に自分の思想を形成してきた女の子たちの熱意は、どこへゆくのでしょうか。
情報ならネットで集められる。ファッションアイコンもSNSで見つかる。
だけど、青文字系雑誌を眺めていたときのあのときめきは、ネットだけじゃ埋められない……

「女の子のための雑誌」は、
私の大学時代からの研究テーマのひとつです。
紙の雑誌は、手に持ったり本棚に並べたり紙をめくったり、五感に密接に関わるものです。
さらに雑誌には、「共通点を持った人と人を結び付ける場=紐帯(ちゅうたい)」
という役割があります。
雑誌の役割が紙からネットへと移行しつつあるこの時代に、
女の子たちの好奇心をリアルな場に集めて何か形にできないか……
そんな思いから今回企画したイベントが、「むいふぁあ」です。

ページをめくるように、足を動かしてみて。
そこには、最新の「かわいい」を発信する人がいる。
少し大人の目線から、素敵な世界を解説してくれる人がいる。
近くまで寄り添って、リアルな生き様を見せてくれる人がいる。
何かになりたい少女たちの、背中を押してくれる人がいる。

「いいね」だけじゃ満たされない!
本当に欲しい「かわいい」って何だろう?
未来を作る女の子たちがもっとパワフルになれるように、
小さなところから、みんなと一緒に試みをはじめたいと思っています。