「新宿ロフト」「下北沢シェルター」を経営するロフトプロジェクトが送る

ロックバンドのためのプライベートレコーディングスタジオ「インパクト」

Enginner

杉山おさむ

杉山オサム

SUGIYAMA OSAMU

90年代に<ハイテクキネマ>としてストロークスのプロデューサー「ジョーチッカレリ」のもとLAレコーディングを行い、 SonyNeositeDiscsよりデビュー。解散後1998年頃から新宿LOFTが所有する本スタジオにてエンジニアとしての活動を始める。 それまでのバンド活動や音楽経験を活かし、エンジニアの枠を超えたボーダーレスなレコーディングを得意とし、アーティストの立場に立ったアドバイスやレコーデ ィングの雰囲気作り、独特のミックスアプローチに定評があり、現代の日本に置けるアーティストエンジニアの先駆けとも言えるレコーディングエンジニアです。 また、「サンボマスター」や「音速ライン」「a flood of circle」など、長くタッグを組んでいくリピーターが多いのも彼の特徴のひとつと考えられ、最近では「0.8秒と衝撃。」「go!go! vanillas」をはじめ、多くの若手アーティストやインディーズバンドとのコラボレーションも積極的におこなっております。

遠藤晶彦

遠藤 晶彦

ENDOU AKIHIKO

1978年埼玉県生まれ。学生の頃より杉山オサム氏を師事。アーティストとのコミュニケーションを重視し、バンドの日常である曲作りやライブ、リハに活かしていくレコーディングを進めていく。アートとしての作品制作もさることながら、よりバンド自身の魅力を伝えるための作品。を突き詰めてレコーディングしていきます。LIVE RECORDING SERVICE(インスタントCD)では、TAPERとして各地のライブ録音に参加しています。

Assistant & Sales

内桶知香

内桶 知香

UCHIOKE TOMOKA

ライブハウスとコタツが大好きです。