Twitter

Facebook



SPECIAL

taco

おやホロ

レミー

耕のロックンロールダイアリー

EATERチャンネル

山口冨士夫とよもヤバ話

ロフトウェブショップ

ロフトブックスの書籍や関連グッズをはじめ、ロフトプロジェクトの商品がお買い求めいただけます。
ロフトウェブショップ

刊行書籍について

ロフトブックスの本は出版取次を通して全国の書店に流通しています。店頭に無い場合も、レジにてご注文いただければお近くの書店までお届けいたします。またロフトウェブショップ、Amazon、honto、版元ドットコムなどのインターネット販売からもご購入可能です。

TOP > 書籍一覧 > 地下音楽への招待(著:剛田武)
地下音楽への招待(著:剛田武)

パンクよりも自由な世界へ

 1978年、吉祥寺に開店した一軒のジャズ喫茶は、その一年後「Free Music Box」を名乗り、パンクよりもっと逸脱的(パンク)な音楽やパフォーマンスが繰り広げられるスペースとなっていく──「Minor Cafe」として海外でも知られるようになったこのジャズ喫茶「吉祥寺マイナー」の“伝説”は、近年とみにマニアたちの関心を惹くものとなった。しかし、そこには前史や後史、あるいは裏面史など時間的にも空間的にもさらなる広がりと深さを持った、さまざまな出来事と人物たちの「流れ」と「つながり」があったことは、あまり、否、あまりにも知られていないのではないか。本書は、幸運にもそうした現場の一端に立ち会ってきた一人の目撃者=体験者が、ミュージシャンやパフォーマー、オーガナイザーたちとの再会や対話、またメディアの再検証を通じて、あたかもパラレルワールドであったかのような「地下音楽」の世界を描き出す初めての試みである。

<本書の主な登場人物>
園田佐登志、藤本和男(第五列)、鳥井賀句(ブラックプール)、竹田賢一(A-Musik音楽評論家 『地表に蠢く音楽ども』)、白石民夫(タコ、不失者、じゃがたら)、工藤冬里(マヘル・シャラル・ハシュ・バズ)、原田淳・増田直行(陰猟腐厭)、安井豊作(映画『Rocks Off』監督)、生悦住英夫(モダーンミュージック)、山崎尚洋(『マーキームーン』編集長)、山崎春美(ガセネタ、タコ)

体裁A5判/並製/424頁/特典DVD付(18曲76分 未発表音源収録)
定価3,000円+税
内容全14章(インタビュー、関連年表、註釈) 解説:松村正人
発売日2016年9月22日発売
編集・発行ロフトブックス(有限会社ルーフトップ)


▲このページのトップへ

© Copyright ROOFTOP.All Rights Reserved.